ナカダイ劇場

モノ:ファクトリーBLOG モノ:ファクトリーの“今”をお届けします。

4か月間ありがとうございました!

みなさんこんにちは!

インターン生の倉橋です。

引き続きご覧いただきありがとうございます。

残念なことにこれが最後のお喋りです(´;ω;`)

なので、4か月間インターンで学んだことや感じたことをを3つ、お話していきたいと思います。

 

1つ目は廃棄物の可能性です。

ナカダイに来る前は、廃棄物=ごみというマイナスなイメージがありました。

インターンに来て、マテリアルのプロフィールを聞いたり工場見学をさせてもらったりして、

廃棄物は捨てられるだけではなく、色々な未来があることを知りました。

マテリアルの中にはもとは何に使われていたものなのか聞いてみると、

「え!?それだったの!?」と感じる場面も多かったです。

例えばこの写真を見てください↓

これは窓枠などのサッシの断面のブローチです。

断面の形状を変えずに、色味や質感を変えることで新しい価値を与えているそうです。

廃棄物と想像が組み合わさるとマテリアルは色々な姿に形を変えるということを知りました。

 

2つ目はブログやSNSの考え方です。

私はインターンで初めてSNSやブログの発信をしました。

ブログを書くことはもちろん、SNSの発信も一度もしたことがなかったため、何を書いていいのかわからず、

一回のブログ更新でもずごく時間がかかってしまい、最初の方はとても苦手意識がありました。

けれど、回数をこなしていくうちに自分でもすごく成長したと感じます。

ブログやSNSを書くことを楽しいと思えるようにもなりました。

お時間がある方、ぜひ見比べてみてほしいです笑【 クリック】

誤字・脱字やおかしなことを言っていないか、私の言いたい事と読み手の受け取り方が違ったようにならないかなど、

に注意するべきことが意外と多いということを書き手になって初めて知りました。

ブログを書いていて一番苦労したことは言葉の表現です。

言いたいことはあるのに、しっくりくる言葉が出てこなくて心がムズムズする、ということが何回もありました。

言葉の引き出しが少ない…。

今後SNSやブログに積極的に触れていき言葉の引き出しを増やしていきたいと思います。

 

3つ目は相手を思いやる気遣いの大切さです。

何か月か前の「気遣い」のお喋りでも話したように、社員のみなさんすごく気遣い上手なんです!

何か声をかけるとき「今大丈夫ですか?」「〇〇さんすみません…」など、

言われてみれば気付くような小さな気遣いが毎日建物内にあふれていました。

きっと私が気づかない気遣いもたくさんあったと思います。

気遣いは社会で働くこと以外でも、日常生活で生きていくには当たり前のことですが、

当たり前をこなすことはすごく難しいことだと改めて感じました。

ナカダイのみなさんのように自然に相手を気遣えるような社会人になりたいと思いました!

 

そしてこの場を借りて少しお礼をしたいと思います。

お世話になったナカダイとモノ:ファクトリーの方々。

この4か月間、毎日がとても楽しくて9月末から今日までがあっという間でした。

ほとんど毎日モノ:ファクトリーに顔を見せていたので、今少しだけ学校へ行くのがめんどうくさくなっています笑

感じたことや気付いたこと、学んだことなど上の3つのこと以外にもたくさん教えてもらいました。

4か月間モノ:ファクトリーにインターンに来れて本当に良かったです。

ありがとうございました!

 

最後にモノ:ファクトリーのみなさんと写真を撮りたかったのですが、最後の日出張などでみなさん全員そろわないΣ(゚д゚lll)

数日前そのことを知りました。

なので、私のインターン業務最終日にいらっしゃらない社員の方は、お礼の挨拶と前撮り?をしました。笑

それでも全員とはいかず、モノファクトリーの代表取締役である中台澄之さんと一緒にはとれませんでした。(すみません…)

 

ではまた、次のインターン生がお喋りをする時までしばらくさよならです(@^^)/~~~

倉橋のお喋りに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました~!

倉橋